オーガニックコットンの肌着をびわの葉で染めよう【すみれや(京都市左京区)】

「オーガニックコットンの肌着をびわの葉で染めよう」

6月29日(土)13:00~17:00 (申込締切は6/21(金)まで)

枇杷の葉を使って直接肌に触れる肌着を染めてみましょう。
枇杷はどのような葉を使うか、素材、時間などによって発色が 茶~黄~橙~桃 
と変わってきます。今回は何色かな?薬を服用することは「まとう」こと。昔から染料として使われていた植物は魂が強いもので、色が出るということ以外に多くは薬草でもあったのです。

参加費:3,900円(材料代別途1,300円~)野草茶つき

肌着は①キャミソール②タンクトップ③Tシャツ
から一種類お選びいただき、サイズ(S,M,L)の指定をお願いします。
※キャミソール、タンクトップ1,300円、Tシャツ1,500

定員8名

講師:元井摩耶(美し山の草木舎)
美し山の草木舎にて草木染め部門を担当しています。様々な草木花を使って染めを実践し、毛糸を染めて編み物もしています。


お申込み・連絡先:info@sumireya.org
※ワークショップ名、お名前、電話番号、メールアドレス、ご希望の肌着の種類とサイズをお知らせください。

【キャンセルについて】
※やむを得ない事情でキャンセルされる場合は、お早めにご連絡ください。
※6月21日(金)以降のキャンセルは、材料費のみ頂戴いたします。




草木染めワークショップ 第一回

よもぎ染めと枇杷の葉染めワークショップ

中止となりました。


美し山の草木舎にて草木染めワークショップ第一回目は、「よもぎ染めと枇杷の葉染め」を行います。

よもぎは季節、素材やその他の要因によって発色の幅は広いです。淡い青みのある色〜濃茶や灰色まで…枇杷はどのような葉を使うか、素材、時間などによって発色が 茶〜黄〜橙〜桃 と変わってきます。今回は何色かな?薬を服用することは「まとう」こと。昔から染料として使われていた植物は魂が強いもので、色が出るということ以外に多くは薬草でもあったのです。
美山の美しい自然と草木の力に癒されながら、草木染めを体験してみませんか?


よもぎ染めでは、別途「煎じ染め」という、アトピーなど、お肌が敏感な方向けの、洗わず、媒染もしない、染色方法も試してみようと思います。

媒染をしないので、色は茶系になると思いますが、工程が少なく簡単で、薬効をいただくことを重視する染め方です。

ご希望の方はご予約の際ご相談下さいませ。



「よもぎ染めと枇杷の葉染めワークショップ」

日時
6/8(土)
9:45分集合
10:00開始 15:00終了予定

場所:美し山の草木舎

昼食:各自持参

会費:3,000円
(布代別途1,000円~)
野草茶・お菓子つき

定員:10名

持ち物:エプロン・ゴム手袋

予約受付:
09036231714
kimukimu.mama@ezweb.ne.jp
担当木村

※別途煎じ染めをご希望の方はご予約の材料ご相談下さいませ。