2014年2月11日~14日 日本茜★研修

農地保全と新たな産業おこしを目的に、日本茜復活プロジェクトをおこしました。


そして、

京都府より地域力再生交付金のソーシャルビジネス枠で助成金をいただきました。

その研修費を使わせて頂き、以下を目的に先進地研修に行ってきました。

①日本茜の栽培方法を知る ②日本茜を含む植物染めの染色を学ぶ


簡単な報告になりますが、どうぞご覧ください。


フジチギラ株式会社さん@山梨富士吉田

日本茜の栽培と染色に取り組んでおられる企業さんです。

 

織物会社として染料となる植物を育てるところから始めよう。それに、近年あまり姿を見なくなった植物にスポットをあてよう、ということで日本茜を選ばれたそうです。

 


窓の外には富士山。・・・というわけで、こちらの茜は”富士茜”と呼んでいるそう。

種を蒔く時期から育て方、収穫方法、商品開発の考え方まで、写真と実物を使って、包み隠さず教えてくださいました。


会長さんは、「畑の茜が気になって、2日に1回見に行く。少ししか伸びていないですが(笑)」と茜に対する愛情の深さを感じられました。

大事に保存してあった、昨年度の1番出来のよかった日本茜の根っこも見せていただきました。1年でこれだけ大きくなるとは・・と草木舎スタッフもビックリ!とても立派でした。


「今後も情報交換をしながらやっていきましょう!」と 力強いお言葉をいただきました。

 

天然染色研究所 @群馬県桐生市


「待ってたんだよ~」

高崎市染料植物園 @群馬県高崎市